インターネット将棋定跡



2003年6月30日(月)

 作業を始めてから1ヶ月強、今日神崎七段のHPがリニューアルオープンの運びとなった。 何とか、6月末滑り込みセーフ。しかし時間かかったなぁ。かれこれ、150時間超になるとは…。 まあ、でも仕事がいただけてありがたかった。
 今年の初め頃、女流棋士会にHPの企画書と見積もり書を提出したのだが、予算が厳しいらしく、実際に役員の方にお会いすることすらできなくて少しがっかりしていた。 ということで、仕事がもらえて素直に嬉しい。 女流棋士会の方は、結局自前でHPを制作することになったようだ。 仕事がいただけなかったことは残念だが、HPを開設するきっかけを作っただけで良しとしよう。 ちょっとやせがまんかなぁ。(太ってるけど…)
 私の企画案のまま、他のWebデザイナーに発注していたら怒るけど…。(笑)
まぁ、それはないだろう。

(注:今回神崎先生のHPのリニューアルを担当させていただきましたが、管理は神崎先生本人が行っています。)

2003年6月19日(木)

 数週間前の深夜、何気なく途中から観た「ジューンブライド」という映画がけっこう印象的で、今日ビデオ屋で見つけて借りてみた。 記憶喪失を繰り返すため、現在と過去のシーンが行ったり来たりして、うっかりすると頭が混乱しそうになるが、だんだん解き明かされていく過去の描き方が絶妙だった。
 夕食時、定食屋でスポーツ報知を見たら見覚えのある詰将棋が載っていた。 自宅に戻り確認してみると、近代将棋2002年11月号の野村量氏作の詰将棋と同一だった。 掲載された詰将棋はいつも伊藤果七段作のものと思っていたが、そうではないのだろうか?
あえて、図を載せておこう。

2003年6月10日(火)〜19日(木)

 今日の赤魚の焼魚定食はかなり生臭かった。 でも大丈夫だろうとたかをくくったのが悪かった。 人生最大の食あたりを経験するとは…。 翌日夕方から腹痛が始まり、その翌日の晩からは下痢がはじまり一睡も出来ず朝を迎える。 たまらず病院で診てもらい、点滴・血液検査・レントゲン検査などを。 先生からは、「辛かったら入院してもいいですよ」と言われたが金欠だから自力でがんばることに。 それでも8000円もかかった。(涙) あーもうあの定食屋には二度と行かない! トイレットへーパーも2日で1ロールを使い切ってしまった。
今日は、もう19日だがまだ完全に直っていない。トホホ。

2003年6月6日(金)

 神崎七段のHPをみたら、将棋パイナップルの「一日一題」の問題について紹介されていたのを見て興味が沸き、対抗して解いてみる。(笑)
自分なりの解答。
何回目だろうと6が出たら止める。←書く必要ないか。(笑)
何回目だろうと3以下だったらもう一回振る。
(1回振ったときの期待値は、3.5なので)

残り2回振れるときの期待値を計算する。
3回目3以下だったらもう一回振ることを考慮すると、
残り2回振れるときの期待値は、(6+5+4+3.5x3)/6=4.25になる。
従って、
2回目4のときは、もう一回振る方が期待値(4.25)が大きいのでもう一回振る。
2回目5のときは、もう一回振る方が期待値(4.25)が小さいので止める。

残り3回振れるときの期待値を計算する。
2回目4以下だったら3回目を振ることを考慮すると、
残り3回振れるときの期待値は、(6+5+4.25x4)/6=4.666…になる。
従って、
1回目4のときは、もう一回振る方が期待値(4.66…)が大きいのでもう一回振る。
1回目5のときは、もう一回振る方が期待値(4.66…)が小さいので止める。
これであってると思う。6/6 17:30記述。 

2003年6月4、5日(水)、(木)

 4日、将棋世界に「第13回世界コンピュータ将棋選手権」のリポートが掲載されたことを受け、 安食女流本人のHPのEventのページでそのことを紹介することになる。 さらに、Eventのページに将棋世界の表紙画像があると尚良いので、連盟に将棋世界の表紙画像使用の許可を求めメールで連絡。 (表紙画像使用の許可をとるなどの作業は、デフォルトで私が担当ということになっている。)
5日、今回はご遠慮くださいという返信メールが来る。
「・・・・・」
固まる。(苦笑)

2003年6月3日(火)夕

 某所にいるとき、安食女流より2連勝と連絡が入る。\(^o^)/
普段なら、メールなのに今日は電話だった。 B級リーグから降級して以来、あまり調子が良くなかったようなので、余程嬉しかったのかもしれない。