インターネット将棋定跡



2016年4月23日(土)

 名人戦第2局は、羽生名人がめずらしく詰みを逃し負けましたね。

 私も、生で中継を見ていました。

 で、図は152手目、羽生名人が△5八歩成と指した局面。

 先手が▲2四飛と指せば詰ましますよという意味と受け止めましたが、佐藤八段はその▲2四飛を指し、首を差し出したのかと思いました。

 ところが、いざその局面になって見たら、羽生名人が△3四銀と引いたので、どっひゃー。詰めろじゃなかったんだぁ〜となりました。

 がしかし、銀を引かずに詰ましに行ったら詰みそうなんだけどと思いしばらく考えて見ると…。

 詰んでいて驚きました。

 図より、△8九銀▲同玉△6七角成▲同金△7八金▲同玉△8六桂▲8九玉△7八銀▲8八玉△7九銀不成▲8九玉△7八桂成▲同玉△6八馬以下の詰みです。

 数年振りでプチピュアの名前で応援掲示板に書き込んだのですが、ハンドルネイムを思い出すのと書き込みに手間取り、書き込みを終えた頃には対局が終わっていたようです。

 羽生名人が負けたのは少し残念ですが、1勝1敗となり返ってたくさん対局が見られるかもしれないので、これはこれで楽しみです。