インターネット将棋定跡



2016年3月31日(木)

 王将戦第4局は印象に残る将棋でした。

 羽生名人は、図から▲4五歩、△同歩、▲同銀、△同銀、▲同桂と攻めて行きました。

 これで後手がつぶれたら、新定跡誕生ですね。

 以下、△4四銀、▲7一角、△8一飛、▲5三桂成、△同銀、▲4一銀と進みました。

 ▲4一銀と進んだ途中図では、後手を持ったら、とても生きたここちがしません。

 しかし、以下△4三銀、▲4四歩、△4一玉、▲4三歩成、△同金左と進んでみると、あーら不思議、一転、先手を持って自信のない局面になりました。

 郷田王将の△4三銀〜△4一玉が印象に残る将棋でした。

 それにしても△7三桂型で待つなんて、7筋からめて攻められたらと思うと勇気がありますね。そこを踏み込むのが郷田王将らしいと言えばらしいところですが。